親子で留学して勉強する

語学習得を目的として留学する人は、高校生や大学生、社会人が多いですが、海外留学がしやすくなってからは、親子で一緒に留学する人が増えています。子どもが幼稚園から小学校という年齢と母親という組み合わせが多くなっています。
子どもは年齢が若いほど物事を吸収しやすいので、小さいころから英語に触れあえる環境に置くことで、ネイティブのような発音を身につけることができます。



子どもはすぐに現地の子どもとも仲良くなれますから、親子留学しても、親よりも子どものほうが英語の取得が早いという傾向があります。勉強期間はそれほど長くなくても、子どもの言語習得率は高くなっています。

日本に帰国してからも、一度身についた発音や英語感覚は失われないので、大人になってからも英語が得意だという人が多くなっていますし、再び大人になってから留学したいと考える人も多くなっています。現地ではホームステイをすることもできますし、アパートやホテルなどを借りて住むこともできます。

信頼性の高いOKWaveならお任せください。

現地の学校に通わせることもできますし、日本の学校が休みのときに合わせて海外に行くこともできるので、かなり柔軟性があるといえます。


子どもの頃は多くのものに興味を持っていますから、感受性が強い時期に海外に連れていくことでグルーバルな意識を持たせることができます。

留学情報をピックアップしたサイトです。

癖のないネイティブな発音に初めて触れることで、それを正しい言語だと子どもは認識することができますから、将来、言語を活用するときにも役立ちます。

MENU